アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
絵入りエッセイ
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
思い出のスケッチ121 金子みすゞ「声」
思い出のスケッチ121 金子みすゞ「声」 むかし、金子みすゞという薄幸の童謡詩人がいた。 この時季、こんな歌を遺している。 ……スケッチは[晩春の野] ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 189 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/28 17:49
思い出のスケッチ120  逝く春・巡る夏 
思い出のスケッチ120  逝く春・巡る夏  春が深まり、やがて青葉若葉の美しい季節が巡ってくる。例年この季節になると、馴染みの公園の高い樹には鳥たちがつどい、終日華やいだおしゃべりに余念がない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 263 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/24 12:18
思い出のスケッチ119 春景その8 
思い出のスケッチ119 春景その8  ≪渓流の桜≫ 奥飛騨の山峡に分け入る。ふいに視界がひらけ、渓谷を染める桜花に出会った。古い土橋が架かっているが、あたりに人の気配は全くない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 450 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/14 16:03
思い出のスケッチ118 春景その7 
思い出のスケッチ118 春景その7  ≪描く人を描く≫。そんなことをモチーにして回っていた。 アトリエにこもって描く姿もいいが、狙いは野外で描いている人だった。出来るだけ意識されないで、そのありのまんまの姿を画帳に収めたかったのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 314 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/10 14:58
思い出のスケッチ117 春景その6
思い出のスケッチ117 春景その6 上野・山下の桜(昭和50年頃)。外国人の日本ブームはますます広がりを見せているなかで、上野の桜は明治の世から一貫して彼らの人気の的でありつづけている..。日本の桜の美しさを世界的に紹介したエリザ・シドモア(1856〜1928)は、その著書「シドモア日本紀行」の中で、上野の桜をこのように賛美している。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 285 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/07 17:07
思い出のスケッチ116 春景その5
思い出のスケッチ116 春景その5 曲り家(まがりや)の桜。むかしむかし、東北の山村をスケッチして回った折の一枚である。農家としての曲が家が珍しくかった。家の中を見せてもらう。L字型に曲がった突出部が厩(うまや)となっていた。家の中で一番い当たりの良い場所を当てがわれていると主人はいう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 349 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/03 17:02
思い出のスケッチ115 春景その4
思い出のスケッチ115 春景その4 ちょうど20年前、1997年は暖冬で、当地としては例年より早く桜の開花を見ている。絵具の飛び散った跡は、スケッチ中の強い風によるものであった。 ブログに載せたところ、「飛び散った絵具跡が春嵐の臨場感があって素敵!」 といった声を寄せてもらう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 302 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/31 15:05

続きを見る

トップへ

月別リンク

絵入りエッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる